この30年を振返って2012/10/08 10:38

10月8日(月)     晴れ


ちょっと昔を懐かしんでみたくなりました。


というか、

これまであまり昔のことは語りたくなかったのですが、

やはり、どんな経験をして今があるかを話すことは

後に続く人たちにとって、

いい指針になることもあるんじゃないかと思い、

今後は少しずつ書いていこうかと思っています。



大学を卒業して、この世界の門を叩いて約30年

思えば、色んな経験をさせてもらってきました。


養成所を出て、初めて入ったのが殺陣の世界、

すごい世界でしたよ・・・。


まだ東京でも時代劇を撮っていたころで、

肩で風を切る諸先輩の中で、

絶えて絶えての10数年、


確か、初めて手をもらったのが

「大江戸捜査網」での松方さんに斬りかかる手でした。


その緊張感たるや半端じゃありません。

相手は大スターです。


今のスターの方たちとは、

いい意味でも悪い意味(?)でも、スケールが違います。


舞い上がった私は、斬りかかったのはいいのですが、

そのあと、リアクションで照明の足を引っ掛けるは

影を出してしまうわで、

そのあと数ヶ月は1手ももらえませんでした。


いやあ、本当に厳しい世界でしたね・・・。

今じゃありえない光景です。


その後も、渡哲也さん、大地真央さん、風間杜夫さん、

舘ひろしさん、神田正輝さん、佐藤浩一さん、

渡辺謙さん、黒木瞳さん、かたせ梨乃さん・・・、


と数々のスターの方々にかかっていっては

斬られ、殴られてきました。


その半端で無い緊張感の中で

また成長もさせてもらってきたわけです。


なんとかその経験を、今の若い人たちに

伝えたいとはじめた志道塾ですが、

なかなか思うようには行きませんね・・・。



また、当時と比べて今の映画の手軽なこと、

これでいいんでしょうか・・・。

テレビドラマでさえ、もっと迫力もリアル感も

説得力もあったように思います。


年齢の所為でしょうか・・・。


なんとしても変えたい、

ますますその思いは強くなってきています。


頑張りますよ!!



稀に出会う、謙虚で、まじめで、懐の深い、

若いエネルギーとともに。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shido.asablo.jp/blog/2012/10/08/6596527/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。